2008年05月17日

この心はせめて 歌を捧げていよう

私選ボーカロイド特集第二弾。

注意事項

・だいぶ前に投稿されたもの等を含みます。
・ランキングに食い込んだ有名な曲を多数含みます。




KAITO

俗に言うネタ系、替え歌シリーズ等、仕事を選べなかったカイト兄さんの最近の活躍は目覚しいですね。もうアンタ仕事バリバリに選べるよ!でも、たまにはアイスの替え歌も思い出して歌ってあげてください。
ということで、今回はKAITOが歌っている曲を一番最初にいくつかご紹介。




KAITOの本気。なんという歌唱力。聞いていて飽きません。



こちらもいい調教がされてます。イントロとサビが好き。



うろたんだーの人。基本的にノリは一緒。



どー。結構前の作品ですが、ここくらいから兄さんの仕事に本気の曲が増えてきたような気がします。



Bzですね、わかります(違 なんという調教精度。MEIKO姉さんの方といい、このPの実力の底が見えません。



なんか懐かしいかんじがする曲ですね。歌詞から想像する、ほんわかボーカロイド家族物語。浜松が舞台だそうな。


鏡音リン・鏡音レン
発売当初は初音ミク以上に乗りこなしづらい、じゃじゃ馬の印象が強かった双子ちゃんですが、歴戦の調教師たちの手によっていいかんじに調律されてきました。リンとレンの違いも徐々に明確になってきた気がします。
そして、やはり今アツイの「悪ノ娘」関連の曲・PVですね。私もPV等を日々漁ってます。ということで、その関連したやつを分けてみました。


悪ノ娘関連





なんというサンホラーホイホイ。



ラフ絵が中心ですが、アニメーションと演出が上手い!



凄い描き込み量。雰囲気が好きです。


ここまでで、悪の娘関連終了。






くせになるロードローラー。



「下剋上」PVではこれが好きかな。よく動きます。



OSTER projectは、やはり手堅い。ネタ曲ばかりで一際さわやかな存在だ。



いまの私には身に染みる歌詞です。



新しい境地を開いた鏡音リン。ギターがイー。


初音ミク
実にこなれた歌声を披露する歌姫。やはりボーカロイドといえば、初音ミクという印象は健在ですね。本気の曲からネタ曲まではば広く提供されています。




超有名なPVですが、凄くいいので載せずにはいられない。



みんなのミクうた。私の心を奪っていきました。



好き好きワッフルソング。ワッフル好きにはたまらない。



明日もがんばろうっと。



去っていたあいつ等に捧げられし、にゃんこのための歌。



ダイソーン。



歌唱力すさまじい。ボーカロイドの底力は計り知れないぜ。



アニソンっぽいのがよいのです。



まさにプロの犯行。



わかった、結婚しよう!(ぇ



いいストーリー。荒削りの才能を感じます。





ミニスカPから二曲。民族系とトランス。
どっちもクオリティたけー。



綺麗な調教。



初音ミクストーリー曲三部作の最後。



かわいい絵柄にだまされたヤンデレの歌。



(#`Д´)ノ フゥワシナァッ!



忍者なら仕方ない。





暴走Pからも二曲。電波ソングと分類していいものか。
ボーカロイドの思い出。切ないなあ。



あにちゃまのHDDの中身をチェキです!らめーやーめーてー。



PVの方もいい出来なので、興味ある方はぜひに。



素敵なピコピコソング。



あなたがおごってくれたものー♪



「いー」
あーもーかわいいなあ。



「歌ってみた」多いデッドボールPの有名な曲。調教すげー。



こちらもPVが多い「カンタレラ」。愛されてます。



内容がすでに18禁。



こういうの好きだー。



怖い。でもつい見ちゃう。



MEIKO
キャラクター性は抜群ですが、ボーカロイドとしての能力はいまひとつという印象だった姉さん。今回の「本気MEIKO」で、かなり見直しました。



どんな技術使ってるんだ。凄すぎる。
posted by kuwa at 16:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。