2008年02月03日

合体は気持ちいい、『創聖のアクエリオン』

創聖のアクエリオン DVD-BOX
創聖のアクエリオン DVD-BOX寺島拓篤 河森正治

メディアファクトリー 2008-01-25
売り上げランキング : 107

おすすめ平均 star
star素晴らしい作品です。
star期待していただけに……
star今日届きました

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



そうさパチンコ効果さ(ぇ

まあ、それを抜きしても興味は以前からあった作品でした。いろいろな意味で爆弾であり、私の中では視聴前から駄作かはたまた名作かという振り子を右に左に振っていた作品であります。パチンコ化したこともあり、とりあえず見てみるかということで見てみたわけで、作品の再注目の機会を与えてくれるパチンコ化もあながち捨てたものではないなあと思ったり。さて、本作の感想ですが、思っていた以上に熱く面白い内容でした。

合体は第三感情オーラの高まりと共に云々などわけのわからない超SF理論と、毎回意味深な名言(迷言でもある)を残す不動GEN司令にエセSF好きの私はもうくらくらです。修行や訓練のシーンも思いのほか、しっかりとした命題(何故憎みあうのか等)を描いており楽しめました。結論はまあ、超理論で超越するのですが・・・(笑
タダのネタアニメに留まらないモノがあります。

なにはなくとも不動GEN司令が熱い。彼がいてくれただけで、私がアクエリオンを見た価値はあった。裸足の話はひじょーにカンドーしますた。

そして今まで言われながら意味不明だった「地球と合体」・・・把握した。
ラベル:kanso Anime
posted by kuwa at 00:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 感想[アニメ] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なんでもない日常は新発見の宝箱、『スケッチブック full color`s』

スケッチブック~full color's~ 第1巻
スケッチブック~full color's~ 第1巻花澤香菜 平池芳正

メディアファクトリー 2008-01-25
売り上げランキング : 1269

おすすめ平均 star
star中の人もそのまま♪
star制作スタッフ・声優ともに完璧に近い良作
starスタッフに拍手!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



いつもと変わらない何気ない日常も、少し目線を変えればいっぱいの新発見にあふれている。そんな主張を繊細かつさり気なく描ききった本作は、まさに癒し系ほんわかアニメの名にふさわしい!『スケッチブック full color`s』は、色々な手法で日常の軸を少しずらそうと試みていましたね。主人公の空に語らせたり体験させたりするのは、もちろんのこと、猫たちから見た日常はどんなかんじなのかといったことまで多くの手法があったなあ。猫たちのエピソードは、猫たちの味のある会話や行動、普段主人公が猫たちに上げているエサについて猫たちの感想など面白く仕上がっていて好きな人多いんじゃないだろうか。声優も妙に豪華で、猫たちの演技は異彩を放っていたなあ。もちろん、人間たちの声優も花澤香菜をはじめ好演していたのは好印象。そしてやっぱり金田朋子は動物的だとおもた。

アニメとしてのジャンルが似ていたり、監督が関係者だったりでアニメ版『ARIA』との対比をよく上げている方がいらっしゃいますが、雰囲気の似通っているところはあるにしても、別モノだなあと感じたところは多々。それを言語化するのは難しいけど、なんていうかARIAの方はもっとファンタジーなんですよ(意味分からん

空みたいにのんびりした子もいいが、私はスーパーの特売に一喜一憂する葉月が妙に可愛くて好きだった。私も優柔不断でよく悩むから(笑
福岡弁を使うキャラクターなど、舞台が地方都市だということを活かした設定などもありよかった。ただ、ひとりしか喋らないってどうなのだろうか。まあ、現代では地方でもそんなもんか。
ラベル:kanso Anime
posted by kuwa at 00:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 感想[アニメ] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月10日

『コードギアス 反逆のルルーシュ』Stage24&Stage25について

コードギアス 反逆のルルーシュ volume09 (最終巻)
コードギアス 反逆のルルーシュ volume09 (最終巻)福山 潤.櫻井孝宏.ゆかな.小清水亜美.名塚佳織 谷口悟朗

バンダイビジュアル 2007-09-25
売り上げランキング : 39

おすすめ平均 star
star続編期待!
star谷口監督を信じて
star意外と普通

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



8月2日のSBS放送組だったのですが、時間的な余裕と気分の問題で見る機を逸していましたが、このたび見ました。『コードギアス 反逆のルルーシュ』は本放送時、久しぶりに毎週の放送日を心待ちにして見ていたアニメだったので、前半のくぎりであるStage24&25を見るに際しては、ある程度心の整理をつけてから見たかったというのもあって、なんだかだいぶ時間が空いてしまいましたが、まあやっとこさ見ました。

そもそも『コードギアス 反逆のルルーシュ』は特殊な放送形態を取っているっていうのは、もう本編を見ている人たちは知ってのことだと思われますが、これが2クール分やって一先ず区切り、そして時期をおいて、また2クール分やるという、いままでにない放送形態だったので、その発表当時は何かと驚いたものでした。
そして、今、その本編がひとつの区切りである最初の2クール分の放送を終えたところなわけですが、いろいろなサイトを見てまわると、評価は結構分かれているみたいですね。てか、むしろ否定的な意見が多いように感じました。まあ、たしかに「その終わり方はねえよ!」と言いたいところだ。放送前に行なわれた試写会の終わりも、観客の歓声よりも驚きというか憤慨の声が大きかったというのもうなづける。

ひとつの大問題としてあるのが、『コードギアス 反逆のルルーシュ』Stage24&Stage25はオチてないということなんだろうなあと思ってます。

お話の肝となるオチがついていない。こりゃ、いわばカツ丼頼んだのにカツがのってないごはんだけの状態で出てきたのと同じですよ。そりゃ楽しみにしていた人たちは怒るさ。私も怒るさ(ぁ
これが、2クールアニメであったならば、『コードギアス 反逆のルルーシュ』は視聴者を待たせに待たせた挙句、つまらない終わり方をした有象無象の作品の一つと数えられていたことだろう。だが、この作品が特殊な放送形態を取っているということで話は変わる。まだ、2クール残っているじゃん。ならば、そこでオチをつければいい・・・と。でも、話はそんな簡単なことだろうか。

私は、この後が作られることが判明されていたとしても、あるひとつの区切りとして、Stage24と25はオチをつけておくべきだったと思うな。それが、ゼロが撃たれるにせよ、スザクが撃たれるにせよね。緊迫した場面。悪(利己)の体現者ゼロ対正義(他利)の体現者スザクの対決の構図は、作品のテーマのひとつでもあるのだったらなおさらだ。あの緊迫したシーンから、現実的時間の挿入は、あまりにも作品の損失が大きすぎる。たぶん、次の回はあのシーンから描かれることはないだろう。描かれたとしても、今得た緊迫感は薄れ、感動は大きく損なわれるはずだ。

特殊4クール放送という形態がいいものか悪い物か判別は難しいが、こと今回の場合においては、あきらかに作品に益していない。まだ詳しくは分からないが、次の新作ガンダムはこの放送形態を取るという話も聞く。今後このような形態が長編アニメのスタンダードになるのかもしれないが、いずれにしろこの放送形態による場合はもっと作品の価値を高めるように利用すべきだろう。

まあ、何を言いたいかって言うと、次があると分かっていても、そこで外形だけ見れば2クールアニメと変わらないんだから、一区切りつけるなりオチをつけた方がいいという話です。

DVDで一気に見ろって?そうですねorz
一アニメファンの意見でした。


*『コードギアス 反逆のルルーシュ』の続編が、あたかも2クールと書いてますが、うろ覚えの知識ゆえ違うかも。間違っていたらごめんなっさい。ひぎぃ。
ラベル:Anime
posted by kuwa at 02:23| Comment(0) | TrackBack(1) | 感想[アニメ] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月05日

7月のアニメ。

AT-X

7/1 まぶらほ
7/1 ヴァリアブル・ジオ#1#2
7/3 一騎当千DragonDestiny
7/5 冒険者
7/8 独占潜入!ネギま!?ラストコンサート
7/8 カレイドスター ぐっどだよ!ぐぅーっど!
7/8 ヴァリアブル・ジオ#3
7/10 苺ましまろ
7/11 ひぐらしのなく頃に 解
7/12 School Days
7/13 セイント・ビースト 聖獣降臨編
7/15 AIKa R-16:VIRGIN MISSION
7/15 双恋
7/15 フタコイ オルタナティブ
7/16 おやゆび姫物語
7/18 マンガ日本経済入門
7/19 ドージンワーク
7/20 桃華月憚
7/20 金色のコルダ primo passo
7/22 _summer
7/24 ジャングルの王者ターちゃん
7/26 ときめきメモリアルOnly Love
7/29 櫻井孝宏の(笑)
7/30 ヤマトナデシコ七変化
7/31 フルメタル・パニックTSR

Animax

7/2 ウスペラーズ
7/7 こちら葛飾区亀有公園前派出所
7/8 劇場版 ふしぎの海のナディア
7/9 なぞなぞう
7/15 劇場版 カードキャプターさくら 封印されたカード
7/22 劇場版NARUTO-ナルト-大活劇!雪姫忍法帖だってばよ!!
7/25 BUZZER BEATER
7/26 ふたりはプリキュアMaxHeart
7/27 東京魔人学園剣風帖 龍龍 第弐幕
7/29 劇場版 NARUTO-ナルト-大激突!幻の地底遺跡だってばよ

KisStation

7/3 きらりん☆レボリューション
7/6 はぴはぴクローバー
7/7 劇場版ポケットモンスターAG ミュウと波導の勇者ルカリオ
7/7 学校の怪談アニメスペシャル
7/13 未来少年コナン
7/13 ゼロの使い魔 双月の騎士
7/14 劇場版ポケットモンスター 水の都の護神ラティアスとラティオス/ピカピカ星空キャンプ
7/19 ジャングル大帝(新)
7/20 ブラック・ジャック21
7/23 最遊記RELOAD

>>続きを読む
ラベル:Anime program list
posted by kuwa at 23:57| Comment(0) | TrackBack(1) | 感想[アニメ] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月26日

純真無垢な妹と幸福な生活、『ちょこっとSister

ちょこッとSister 第8巻
ちょこッとSister 第8巻竹内桜 雑破業 黒田やすひろ

メディアファクトリー 2007-05-25
売り上げランキング : 4534

おすすめ平均 star
star終盤のまとめ方も上手かった。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



クリスマスプレゼントがリトル・シスター(妹の意)って、30歳まで童貞なら魔法使いになれるという話と同じくらいファンタジーだよなあ。だが、それがいい。これの掲載紙が、ヤングアニマルってあたり、放送当時、妙に納得したのを覚えている(ぇ

てか、ちょこに関して言えば、妹ってかんじじゃないよなあ。純真無垢なまま成長した赤ちゃんっと言った方が、それに近い気がする。なにそれ天使?
主にこのちょこと周りの人たちの交流という形で、あってないような物語は進行していくわけだが、その周りの人の中に、はるま(主人公)も含まれていると見ていい。後半のはるまが空気というのは、別にはるまが主人公として格別の扱いを受けていないことが原因なんだとおも。前半は、絶賛片思い中の大学生ということで主人公っぽかったのですが…。後半は、ちょことゆりかが話題の中心で、それはそれでたいへん結構な話なんだが。大家さんとの恋はどうなったんだろ。私はてっきり最終話に、この話を持ってくるものと予想していたんですが(´Д`

ストレスフリーで観れたのが一番大きいですね。ラブでコメディな作品は、肩肘張らずに見れていいわ。あと、本作でノーマッドがKEEP OUT芸を手に入れたことは明記していい(ぇ
posted by kuwa at 01:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 感想[アニメ] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月07日

まっすぐゴーで生きていく、『がくえんゆーとぴあ まなびストレート』

がくえんゆーとぴあ まなびストレート! STRAIGHT1 期間限定版
がくえんゆーとぴあ まなびストレート! STRAIGHT1 期間限定版ufotable 堀江由衣 野中藍

キングレコード 2007-04-11
売り上げランキング : 119

おすすめ平均 star
star良作です。
star学園際ライブ
starみかんちゃん好きには

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


評価 ■■■■□

キャラクターの細やかな仕草や、独特のカメラワークや話のテンポやリズムなどユーフォーテーブルらしい新鮮な演出がなかなかよかった本作。一話のアバンで、まなびが言った言葉が、そのまま最終回のみかんの台詞につながるという演出は、本作の主人公がまなび・・・と思わせてみかんという作品構造を表わしているようで、とてもぞくりとした演出ですねえ。こういうの大好きだ。この作品を見終わった人は、もう気づいていると思いますが、このお話はまなびのお話と思わせておいて、実はみかんから見たまなびのお話だったというのが適切でしょうにゃ。いま思い返してみると、ナレーションがみかんばっかりだったり、そんな布石はそこらここらにあったのかなあと。

それにしても12話って短いね。みかんと芽生が仲良くなるエピソードとか、こういうのをもっとやれればよかったのに(少なくとも主要メンバーくらいは)。旧にみんな仲良くなりすぎて、無理があったとは言わんが、説得力には割かし欠けたやも。桃葉とか後半空気orz12話だとさすがにこれが限界か。でも、12話という限られた話数の中、学園祭のエピソードに大きく話数を裂いたせいで、個別のキャラクターの掘り下げが甘くなりがちだったけれど、個性豊かなキャラクターを最初から置くことで、これ誰だっけ?という最悪のパターンは防げたかな>アリガチ

最後に、気になったのがキャラクターの容姿。や、これはこれで別に全然かまわないってか、むしろ好きなのだけれど、この見かけで私達高校生!とか言われてもなあ。最初、小学生くらいかと思ってた。テーマとしては、高校生という思春期真っ只中、将来迷走中な時代というのが、まさにどんぴしゃりなので、これは仕方が無い矛盾か。
ラベル:Anime kanso ufotable
posted by kuwa at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 感想[アニメ] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月02日

3月のアニメ。

AT-X

3/11 戦闘妖精少女たすけて!メイヴちゃん
3/11 バトルアスリーテス大運動会
3/12 DTエイトロン
3/14 苺ましまろ
3/18 エア・ギア
3/18 AIKa
3/19 ARIA The ANIMATION
3/28 ひとひら
3/28 ギャラクシーエンジェるーん
3/28 スクールランブル二学期
3/28 ラブゲッCHU ミラクル声優白書
3/30 クロノクルセイド

ANIMAX

3/11 超劇場版ケロロ軍曹
3/14 機動戦士ガンダムSEED
3/18 伝説巨神イデオン 接触篇
3/25 伝説巨神イデオン 発動篇

3/4 機動戦士ガンダム0083 ジオンの残光
3/5 おくさまは女子高生
3/5 新釈 眞田十勇士

KIDSSTATION

3/1 学園アリス
3/5 JAM Project LIVE Break Out キッズステーションversion
3/10 アルプスの少女ハイジ アルムの山
3/17 アルプスの少女ハイジ ハイジとクララ
3/17 マジンカイザー 死闘!暗黒大将軍
3/22 コロコロアニマル
3/24 真ゲッターロボ 世界最後の日
3/25 ルパン三世TVSP お宝返却大作戦
3/25 アルプスの少女ハイジ

>>続きを読む
ラベル:Anime program list
posted by kuwa at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 感想[アニメ] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月07日

2月のアニメ。

出遅れ気味です。そして、外見にはまったく関係のないことですが、シーサーブログのインターフェイスが、変更されていて使いづらいことこの上ない。のーぅ。

AT-X

2/1 セイントオクトーバー
2/4 ゼーガペイン
2/4 R.O.D-READ OR DIE-
2/11 GOLDEN TIME 2007
2/12 佐藤順一アワー「ケロロ軍曹」
2/12 佐藤順一アワー「ふしぎ星の☆ふたご姫」
2/18 ロードス島戦記OVA
2/18 トップをねらえ!
2/22 らぶドル〜Lovely Idol〜
2/23 N・H・Kにようこそ!
2/24 うたわれるもの
2/24 シムーン
2/26 一騎当千Dragon Destiny
2/28 金田朋子のミニミニミクロに毛が生えた?!公録SP

Animax

2/3 世界名作劇場完結版 フランダースの犬
2/15 獣装機攻ダンクーガノヴァ
2/17 世界名作劇場完結版 愛少女ポリアンヌ
2/18 ワンピース
2/18 ワンピース 珍獣島のチョッパー王国
2/18 ワンピース呪われた聖剣
2/19 ブーンドックス
2/26 ガラスの艦隊

Kids station

2/11 ルパン三世TVSP EPISODE:0 ファーストコンタクト
2/12 劇場版xxxHOLiC真夏ノ夜ノ夢
2/12 劇場版ツバサ・クロニクル 鳥カゴの国の姫君
2/13 CLAMP学園探偵団
2/13 xxxHOLiC
2/13 うる星やつら バレンタインエピソード
2/14 うる星やつら 恋の傑作選
2/15 あらいぐまラスカル


>>続きを読む
ラベル:Anime program list
posted by kuwa at 16:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 感想[アニメ] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月22日

アニメ感想1/22「コードギアス 反逆のルルーシュ」ほか

見たアニメの簡単な感想。




「コードギアス 反逆のルルーシュ」(#14)

シャーリー(つДT)超切ねえ。
私、こういうシチュエーション弱いのですよ。片方は事情を全て飲んで、すれ違う男女の離別とか、こみ上げてきた涙がもう止まらない。シャーリーが今後ストーリーに絡むのか、それがどういう形になるのか。いまだかなり不透明ですが、記憶を取り戻したシャーリーがルルーシュと結ばれるエンディングというのを妄想しつつ楽しみに待つです。

ゼロに不審を抱く扇と、ヴィレッタが今後どう絡んでいくのか。相変わらずヴィレッタがキーパーソン。ゼロの正体を知った彼女が、はたしてどう動くのか。

C.C.の衣装に新たなバリエーションがっ。てか、どこでそんな服を入手しているんだ。

そして、新キャラが草尾毅で、かなりの電波野郎。これこれで。


「おとぎ銃士赤ずきん OVA」

ポニーテールりんごだ、ワーイとか思っていたら、本編にもちゃっかり出てきましたポニテ。

草太が、本編にはない不思議な力を意図的に使えるっぽい演出が。てか、青いオーラが。一瞬、北斗の拳かと思うほどに作品にあっていない。そもそも怒った顔の草太ってのも珍しいですにゃ。普段はもう悟りを開いているかのような朴念仁ぶりですから。OVA版の草太は、結構アクティブ(?)なかんじでした。りんごに赤ずきんのことを弁解しようとしたり。そして張り倒されたり。まるで夫婦じゃないかっ。残念、りんごは俺の嫁だ(ぇ

ヘンゼルの声が女の声優の方で違和感。

まだ全体的に試行錯誤色がありますが、キャラクターとかは概ね変わっていないようですね。あと、モンスターが結構グロイ。
ラベル:Anime impression
posted by kuwa at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 感想[アニメ] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月14日

アニメ感想1/13「銀魂」「コードギアス 反逆のルルーシュ」ほか

見たアニメの簡単な感想




「銀魂」(#28)

若本祭り
・もうこの人が出ているだけで、楽しめるね・・・稀有な声優さんだ。

・原作の漫画の方の銀魂は偏見で面白くないだろうと決め付けていたんだが、この前機会があったので読んでみたら案外面白かったことに愕然。相変わらず、ツッコミが迂遠だとは思いましたが。




「コードギアス 反逆のルルーシュ」(#13)

・OP曲が理解不能・・・もとい「解析不能」に変更。
・こういうタイトル付けるくらいなんだから、意図的なんだろうが、歌詞など分かったものではない。
・OPの映像も前回の使いまわしが大半だし、良いところがない悲惨ですな(´Д`;
・本編が面白いからいいですけどね。

・EDも変わりました。前半のアリプロが強烈だったこともあってか、大人しいなあという印象。こちらも映像は使い回し多め。

・本編ではシャーリーが、ゼロの正体に近づいていく・・・という話。
・それ、死亡フラグじゃないのか?(ぁ

・OPでも数少ない新規映像で取り上げられた(重要)ヴィレッタ。彼女も純潔派に属していただけあって、プライドというか向上心みたいなのが結構あるようだ。オレンジの輝きに隠れて見えなかったが。こちらも死亡フラグっぽいのがちらほら見える。

・ピザハットと提携したからか、堂々とピザハットのマークとマスコットが。応募してたのかC.C.。
・童貞坊やと揶揄されるルルーシュ哀れ。

・日本解放戦線の将軍が最後まで「藤堂はどうした!」とか言っているのには何かなあ。藤堂とその仲間たちに頼りすぎだ。

・ディートハルト(C.V.中田譲治)のハジケっぷりが笑える。本人は大真面目なんだろうが。スキップってあーた。

・そして、良いところで現れる白兜。あんたって人はーっ。




「無敵看板娘」(#1)

・やっとスカパーにも無敵看板娘が登場。
・一話目から嘔吐するヒロインのアニメ<間違ってはいない




「すもももももも 史上最強のヨメ」(#2)

・馬仮面が平野綾というキャスティングに驚いた。
・そういえば、ラジオにいたな。

・漫画を読んだときにも思ったが、主人公があんまり好きじゃない。
・やはり主人公は敵に立ち向かってなんぼですよ。
ラベル:Anime impression
posted by kuwa at 14:06| Comment(0) | TrackBack(1) | 感想[アニメ] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月10日

1/9アニメ感想「護くんに女神の祝福を!」「ふしぎ星の☆ふたご姫Gyu!」

見たアニメの簡単な感想。




「護くんに女神の祝福を!」(#8)

・よい子の皆お待ちかね、温泉編ですよ。
・そして、案の定、不自然なまでの湯煙バリアーがっ。DVD収録では勿論修正されるんですよねっ(ぁ

・妹の髪型が、マジンガーの頭部みたいになってーる(´Д`

・生徒会兄妹の熾烈なる戦い・・・って、ただ単に妹の元にシャンプーを届けるというだけなのだが。
・パロディなのかもしれないが、仲間が次々に倒れるシチュエーションと雪山を駆ける護くんという構図で、「フルメタルパニックふもっふ」の温泉編を思い出しました。

・ちゃっかり入浴しているエメレンツィア。




「ふしぎ星の☆ふたご姫Gyu!」(#31)

・恋愛成就のお守りを手に入れたレインがブライトとデートするお話。

・サッカーカップルが結構好きです。相方ツンデレだし(ぁ

・何事にも動じない男、ブライト。前作の悪役ぶりがまるで冗談のようだ。
・そして、悪役といえば、相変わらずエドちん萌エスなわけです。こういう抜けた感じのマスコット的悪役は心くすぐられる何かがある。

・最後の最後で、レインが女の顔になった・・・ような気がする(ぇ

ラベル:Anime impression
posted by kuwa at 02:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 感想[アニメ] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月07日

アニメ感想1/6「コードギアス 反逆のルルーシュ」「桜蘭高校ホスト部」

見たアニメの簡単な感想。




「コードギアス 反逆のルルーシュ」(#12)

・シャーリーが可愛いなあ。そして、ここにもピザが。
・ニーナが角オナニーって、このエロアニメがっ(誉めてる

・キョウトのトップと面談。未だに、あの女の子は謎のままですが、エリア11のレジスタンスに関わりのある人みたいですね。
・相変わらず、田中一成がヒドイ(ぉ

・新キャラっぽい人もちらほら。ラクシャータとかいう研究員はエーロー。木村さん凄いや。

・シャーリーのお父さんがっ(つД` これでお話として厚みが出来てきたかんじで。でも、これで二クールで終わらせるってのはまず無理な伏線の張り方だ。やはり特殊四クールか。




「桜蘭高校ホスト部」(#10)

・ホスト部一同でハルヒの家に行こうぜというお話。
・以前にアニキャプを見て、面白そうだと思ったのを覚えていたので、予告見たときから楽しみだった。

・パック寿司が特上寿司とか、切ないほどに貧乏。夢オチだが。
・ホスト部のハルヒいじりはいつ見ても面白いなあ。絵もよく動くし。

・ハルヒパパ、子安さんでつか(´Д`;
・しかも、バイだっとか宣言して・・・劉@家族計画を思い出したよ。
ラベル:Anime impression
posted by kuwa at 01:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 感想[アニメ] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月05日

アニメ感想1/4「護くんに女神の祝福を!」

見たアニメの簡単な感想。




「護くんに女神の祝福を!」(#1-#7)

・原作未読。
・今まで視聴したところ、バカップルとその仲間たちのドタバタラブコメといったかんじでしょうか。

・護くんと絢子さんが、最初からもうラブラブのバカップルなのには、呆れるを通り越して微笑ましい。ケッ(ぉ
・ラブコメではじめから両思いで付き合っているという形は珍しい?ラブコメの多くは結ばれる過程のドタバタを描くが、この作品はむしろ結ばれてからのドタバタを描くことに主眼を置いているよう。

・絢子さんが照れている仕草が、たまらなく可愛いとです。
・エメレンツィアたん、テラ萌エス。無表情ローリー、ドジ娘、縞パンて…なんだその最終兵器な彼女は。

・兄の部屋に風呂上りパンツ一丁で入ってきたり…と、妹ちゃんフラグがすでに立っている。護くんの貞操があぶない(ぁ
・上のシチュエーションを見て、和六里ハルの「大妹」シリーズ思い出した。

・高橋美佳子や真田アサミが好演していますにゃあ。
ラベル:Anime impression
posted by kuwa at 00:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 感想[アニメ] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月02日

1月のアニメ。

FF4はじめました(挨拶



AT-X

1/2 花の声優界!スター☆ボウリング2
1/3 ギャラクシーエンジェル第3期
1/4 刮目せよ!一騎当千DD大公開!
1/5 魔界戦記ディスガイア
1/6 京四郎と永遠の空
1/7 スカイガールズ
1/7 アニメ・ピンキーストリート
1/7 ガラスの艦隊〜番外編のごとく〜
1/7 おとぎ銃士赤ずきんOVA
1/9 カレイドスター
1/11 ロードス島戦記 英雄騎士伝
1/13 プリンセス・プリンセス
1/14 円盤皇女ワるきゅーレ 時と夢と銀河の宴
1/14 スーパーロボット大戦OG祭!!
1/15 がくえんゆーとぴあ まなびストレート!
1/16 マリア様がみてる 春
1/19 少年陰陽師
1/21 Happy World!
1/24 一騎当千
1/25 ARIA THe NATURAL
1/28 妖精姫レーン
1/28 カレイドスター ぐっどだよ!ぐぅーっど!
1/28 Gift eternal rainbow
1/28 学園ヘヴン
1/29 ひぐらしのなく頃に


ANIMAX

1/1 劇場版まじめにふまじめ かいけつゾロリ なぞのお宝だいさくせん
1/1 今日から俺は!(一挙放送)
1/12 砂沙美☆魔法少女クラブ
1/15 ケロロ軍曹
1/19 東京魔人學園剣風帖 龍龍


KIDSSTATION

1/2 劇場版名探偵コナン 迷宮の十字路
1/9 無敵看板娘
1/13 恋する天使アンジェリーク かがやきの明日
1/20 ロミオの青い空
1/20 小さなペンギン ロロの冒険
1/27 ブラック・ジャック

再放送
1/4 遙かなる時空の中で 八葉抄
1/4 僕等がいた
1/4 ポケットモンスター
1/4 焼きたて!!ジャぱん
1/4 夢のクレヨン王国
1/6 よみきかせ日本昔ばなし
1/5 タイドライン・ブルー
1/11 くじびきアンバランス
1/11 げんしけん
1/22 ゼロの使い魔


>>続きを読む
ラベル:Anime program list
posted by kuwa at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 感想[アニメ] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月28日

アニメ感想12/27「THE ビッグ・オー」

見たアニメの簡単な感想。




「THE ビッグ・オー」(13話〜19話)
・長らく醸していた「THEビッグ・オー」セカンドシーズンを見始める。醸しすぎて、以前の内容を忘れていたので、焼いたファーストシーズン見直しました(ぉ ビッグ・オー ショウタイム!

・当初26話で製作が予定されていたが、諸般の事情で13話構成となったが、その後、海外で高評価されファンに推される形で二期(13話から26話)が作られることが改めて決まったという経緯がある。そういうのは嫌いじゃないぜ。

・13話までの感想を述べると、格好良いんだが、26話のお話を13話で一息つけようとした感がありありと感じられて、後半は特に難しく意味不明な展開になっている。前半のロジャーが交渉人として事件を解決するようなタイプの話はサスペンスの面白さと、作中に漂う退廃的な世界観がマッチしていて好きなんだが。二期は後半の難解だった伏線を回収することに主眼が置かれて展開されているようにおもー。

・合体型ロボが増えたにゃー。ベックの新兵器はワラタ。こういう話はビッグ・オーの世界観では浮いているけど、ヤッターマンぽくて好きだ。
・18話の日本人の描写が、SHOGUNのようなアメリカナイズな日本観。狙ってやっているんだろうけど、やはりビッグ・オーの世界観では浮いている。

・何話かは失念したが、アンドロイド査察官のお話には少しジーンと来る物があった。一期でピアニストのアンドロイドの話があったが、あれも感慨深く、こういったお話がビッグ・オーの一つの魅力だとおも。

・新OP「RESPECT」は中々良いですにゃ。個人的には一期のヤツより、スマートで格好良い感じ。一期の「BIG-O!」は荒事って感じだが、二期のは本来の職である交渉という感じがしてよい。

ラベル:Anime impression
posted by kuwa at 00:49| Comment(4) | TrackBack(0) | 感想[アニメ] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月26日

アニメ感想12/26「牙」「ふしぎ星の☆ふたご姫Gyu!」ほか

見たアニメの簡単な感想。



「牙-KIBA-」(〜19話)
・録りためていた分を、ちびちび見始める。

・カードゲームのメディアミックスと聞いていたが、人間ドラマなどシナリオを重視した展開で、結構見れる。

・主人公がただDQNかと思っていたら、意外と良い奴でした。
・逆にデュマスが・・・(つД`)すごい変貌。
・ゼットの友人、ノアも異世界に・・・捨てキャラかと思っていたら、結構重要なキャラクターっぽい。

・レベッカの正装がスター・ウォーズEP1のアミダラ女王の衣装と似ている。
・レベッカ様の味方の少なさに泣いた。

・ネオトピアの思想に簡単に染まっているノアが、なんかアレでした。もっと幼女に愛を!(ぇ



「ふしぎ星の☆ふたご姫Gyu!」(30話)

・エドワルド復活。ギャグキャラクター化したのには驚いた。
・相変わらずビビン可愛いなあ。こういう悪役好き。
・トーマまだー?

・ここまで書いていて、悪役にしか言及していないことに愕然(ぁ
ラベル:Anime impression
posted by kuwa at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 感想[アニメ] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月23日

うたわれるもの(全26話) ★★★歴史を見る

あらすじ

大怪我を負い森の中に倒れていた男は、村の村長の孫娘エルルゥに助けられる。薬師でもあるエルルゥの献身的な介護により、順調に回復する男。しかし、男は記憶を失い名前さえも思い出せない有様であった。何故か外れぬ奇怪な仮面、獣の耳と尻尾を持つ住民達を訝しみながらも、誰も知らないすぐれた技術や知識を村人に与え、徐々に村人たちの信頼を得ていく。村長のもう一人の孫娘でエルルゥの妹アルルゥにも懐かれた男は、村長からハクオロの名前を与えられる。それは、今はなき村長の息子、エルルゥとアルルゥの父の名であった。
しかし、平和は長くは続かない。藩主の圧政に耐えかね、ハクオロたちは藩主打倒を目指して叛旗を翻す。遂に藩主を倒し新国家を興したハクオロだったが、世界はいまだ戦乱の渦中にあった。





戦記物です。この壮大な戦記物を26話に上手くまとめたのは見事。

エロゲ原作組でも、俗に言う「泣きゲー」に属する物なのでシナリオもアニメ化に十分満たしうる量があったのが成功したのでしょうか。最近、エロゲ輸入組も中々見ごたえのある作品が増えて嬉しいなあ。

もっとも、序盤を丁寧に描いたために、中盤から終盤にかけては早足ぎみだったのが残念なところ。やっぱり、上手くまとめるにしても30話くらい欲しいところですにゃ。


評価 ★★★ 70点
燃え在り、萌え在り。


>>続きを読む
ラベル:Anime kanso
posted by kuwa at 00:46| Comment(0) | TrackBack(1) | 感想[アニメ] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月30日

11月のアニメ。


AT-X

11/2 LOVE LOVE?
11/5 ProjectBLUE 地球SOS #5
11/5 CROSS CHORD #2
11/9 あまえないでよっ!!喝!!
11/12 ジオブリーダーズ2魍魎遊撃隊File-XX乱戦突破
11/14 L/R
11/16 ヤマトナデシコ七変化
11/16 金色のコルダ
11/16 マリア様がみてる
11/17 RED GARDEN
11/19 D.Gray-man
11/19 声優旅行社へようこそ。(前編)
(後編は12/24)
11/25 極上生徒会

ANIMAX

11/7 コードギアス 反逆のルルーシュ
11/12 るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚- 維新志士への鎮魂歌
11/13 ヤミと帽子と本の旅人
11/14 天保異聞 妖奇士
11/18 千年女優
11/20 Paradise kiss

KIDSSTATION

11/4 ℃-ute has come.
11/4 nice&neat
11/4 侍ジャイアンツ
11/11 映画クレヨンしんちゃん暗黒タマタマ大追跡
11/26 ロックミュージカル「BLEACH」再炎

>>続きを読む
ラベル:Anime program list
posted by kuwa at 17:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 感想[アニメ] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月03日

10月のアニメ。

10月というと番組改変期ですけど、CSにはあんましそういった影響ありませんから、オンタイムよりあんまり心躍らされませんぬ。や、見たくて見たくて体から変な液体が出そうになるときはたまにありますが(ぁ


AT-X

10/1 ProjectBLUE 地球SOS #4
10/1 CROSS CHORD
10/3 マンガ日本経済入門
10/6 ギャラクシーエンジェるーん
10/8 天使禁猟区
10/10 .hack//Roots
10/11 宗谷物語
10/13 ネギま!?
10/13 陰からマモル!
10/14 いぬかみっ!
10/15 ゴリラーマン
10/15 イクセリオン全集
10/16 ぷるるんっ!しずくちゃん
10/17 メダロット魂
10/17 まぶらほ
10/19 UG☆アルティメットガール
10/20 アニメ女子部 マージナルプリンス 月桂樹の王子達
10/22 ブラック・ジャックOVA
10/22 Wind a breath of heart
10/23 たいむとらぶるトンデケマン!
10/23 Gift eternal rainbow
10/24 らぶドル Lovely Idol
10/26 ダイバージェンス・イヴ
10/26 風まかせ月影蘭
10/26 ARIA The ANIMATION
10/26 ときめきメモリアルOnline

ANIMAX

10/7 地獄少女 二籠
10/10 人造昆虫カブトボーグ VxV
10/19 MUSASHI
10/20 英国恋物語エマ
10/27 桜蘭高校ホスト部

KIDSSTATION

10/1 ルパン三世
10/2 リトルモンスター
10/5 サイキックラバー LIVE 2006
10/6 くじびきアンバランス
10/7 スパイダーライダーズ オラクルの勇者たち
10/10 地獄少女 二籠
10/10 乙女はお姉さまに恋してる
10/11 蒼穹のファフナー
10/11 ロスト・ユニバース
10/12 はぴねす!
10/14 映画クレヨンしんちゃん ヘンダーランドの大冒険
10/27 スーパーロボット大戦ORIGINAL GENERATION THE ANIMATION #1
10/30 スーパーロボット大戦ORIGINAL GENERATION THE ANIMATION #2
10/31 スーパーロボット大戦ORIGINAL GENERATION THE ANIMATION #3


>>続きを読む
ラベル:program list Anime
posted by kuwa at 01:45| Comment(2) | TrackBack(1) | 感想[アニメ] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月29日

タクティカルロア(全13話) ★★艦隊戦闘燃え

あらすじ

西太平洋に突如として出現した停滞性台風"グランドロア"の影響で、海洋航路の重要性が再認識され、世界は第二の大航海時代を迎えようとしていた。同時に、海洋に暗躍するテロリスト、海賊も増加の一途を辿る。それらに対抗するため、各国は民間の警備機関を設置する。haru-nico警備保障もそんな民間警備機関のひとつであり、護衛艦パスカルメイジは乗員クルーがすべて女性という異色を放つ艦であった。
そんな女性ばかりの艦に派遣されることになった技術者の青年・凪宮漂介は、偶然にもかつて離れ離れになった義姉、美咲七波と再会するが、彼女はパスカルメイジ艦長という重責を担っていた。





それ、なんてエロゲですか(゚Д゚
自衛隊全面協力のラブコメディ。
さすがといいますか、戦闘シーンは力が入っていて不覚にも燃えます。回を増すごとにコールマンの艦長の良い男っぷりが上がっていく。

評価 ★★ 50点>>続きを読む
posted by kuwa at 02:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 感想[アニメ] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。